名古屋市の東玄関口、名東区について詳しく解説するサイト『名古屋市名東区の猪子石』

●●●高針●●●

【東勝寺】

名古屋市の東勝寺の創建は正確にはわかっていないのですが、1575年に高針城主の弟、
加藤勘右衛門が東照寺に改号し、その後現在の東勝寺と改称されたそうです。
本堂は1787年に再建されたものが今も残っており、名灸のお寺としても有名です。

【済松寺】

済松寺も創建は明らかではなく、誰も住んでいない期間が長かったそうです。
それまで瑞松院だったのを1718年に済松寺と現在の名に改めたものの、また無住状態と
なっていましたが、大府の鷲羽知観尼が移り住み再興したと伝えられています。
現在の本堂は1921年に再興されたもので、33年に一度だけですが本尊の十一面観音が
ご開帳されます。
昔から村の子供たちを集めて茶道や華道などを教えていたそうで、それが現在の保育園と
発展したのだそうです。

【高牟神社】

この高牟神社も創建は不明なのですが、1702年の社地覚書には記録が残っていますので
それよりも前からあったようです。
現在の社殿は1996年に再建されたもので、境内には白山社や高針護国社、万葉集の歌碑
や緑樹記念碑などがあります。

【蓮教寺】

蓮教寺は長徳年間の創始と伝えられており、本堂は1758年に建立されたもので、装飾が
施された山門はその半世紀ほど後に作られたといわれています。
山門にある「蓮教寺」の石碑には、円遵上人が1816年に書かれた文字が彫られています。